↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD 正多角形の作成

更新:2018/6/11
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作指定された外接円、辺の数を持つ正多角形を作成します。
    アイコンDraft_Polygon
    ショートカットキーP,G
    メニュー[Draft]-[Polygon]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    • マウス操作による作成の場合

      1. 正多角形の作成Draft_Polygonを実行すると、コンボビューのタスクタブに正多角形作成用のダイアログが表示されるので、「Sides」に辺の数(正五角形であれば 5、正六角形であれば 6 など)を入力します。

        Draft_Polygon-sides辺の数の入力
      2. 3Dビュー上の点をクリックすると円の中心点が設定されます。さらに別の点をクリックすると正多角形の外接円が設定され、正多角形が作成されます。

        Draft_Polygon-3s-13Dビュー上をクリック
        Draft_Polygon-3s-2正多角形(正三角形)の作成
    • ダイアログ入力による作成の場合

      1. 正多角形の作成Draft_Polygonを実行すると、コンボビューのタスクタブに正多角形作成用のダイアログが表示されます。
      2. 多角形の外接円の中心となる座標 X、Y、Z を入力し「Sides」に辺の数(正五角形であれば 5、正六角形であれば 6 など)を入力し、「Enter point」をクリックします。

        Draft_Polygon-center外接円の中心の入力
      3. 多角形の外接円の半径 Radius を入力しEnterキーを押すと、設定された外接円を持つ正多角形が作成されます。

        Draft_Polygon-radius外接円の半径の入力

    オプションは以下の通りです。

    • Filled:チェックが入れられている場合(Alt+Iキーで切り替え)、面が張られます。これは作成後にコンボビューのビュー・タブの「Display Mode」で「Flat Lines」に切り替えた場合と同じ動作です。
    • Continue:チェックが入れられている場合(Alt+Nキーで切り替え)、連続して複数の正多角形を作成できます。

    また外接円の中心座標の入力ではXキー、Yキー、Zキーを押すと入力がそれぞれの軸方向に制限されます。

  • 注意点

    なし

  • 参照

    Draft_Polygon
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ