↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD 作業平面の設定

更新:2018/6/11
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作2次元形状を描画する作業平面を設定します
    アイコンDraft_SelectPlane
    ショートカットキーW,P
    メニュー[Draft]-[Utilities]-[Select Plane]
    ワークベンチドラフトワークベンチ
  • 使用方法

    1. ツールバーから作業平面の設定Draft_SelectPlaneを選択すると、コンボビューのタスクタブに作業平面設定ダイアログが表示されます。

      Draft_SelectPlane-tasks作業平面設定ダイアログ
    2. 「Offset」には面法線方向へのオフセット量を入力します。
    3. 対応するボタンをクリックすると作業平面が設定されます。設定できる作業平面の種類は以下の通りです。

      • XY:XY 平面を作業平面に設定します。
      • XZ:XZ 平面を作業平面に設定します。
      • YZ:YZ 平面を作業平面に設定します。
      • View:視線方向に垂直な平面を作業平面に設定します。
      • Auto:2次元形状の描画開始時での視線方向に垂直な平面を作業平面に設定します。

      またオプションは以下の通りです。

      • Grid spacing:表示されるグリッドの間隔
      • Main line every:主線間のグリッド数
      • Center plane on view:グリッドの原点を注目点と一致させる
  • 注意点

    なし

  • 参照

    Draft_SelectPlane/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ