↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ

FreeCAD データム点の作成

更新:2018/7/17
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作スケッチや他のデータム形状のための基準点を作成します。
    アイコンPartDesign_Point
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part Design]-[Create a datum point]
    ワークベンチパートデザイン
  • 使用方法

    1. データム点の作成PartDesign_Pointを実行するとコンボビューのタスク・タブにデータム点の作成ダイアログが、また3Dビューにデータム点のプレビューが表示されます。

      データム点の作成時に形状が選択されている場合はその形状を基準にデータム点が配置されます。3Dビューの何も描画されていない領域をクリックすると非選択状態にすることができます。

      PartDesign_Point_tasksデータム点の作成ダイアログ
      PartDesign_Point1データム点のプレビュー
    2. データム点の作成ダイアログでは既存の形状に対してデータム点をどのように配置するかを設定します。配置方法は複数ありますが、ここでは形状の重心(幾何中心)に配置する方法を紹介します(※詳細については形状のアタッチPart_Attachmentを参照)。

      3Dビュー上で既存の形状の面をクリックしてからアタッチメントモードで「Center of mass」を選択すると、その面の重心にデータム点が配置されます。さらにオフセット値を設定すれば任意の位置にデータム点を移動できます。

      PartDesign_Point_attachment_CenterOfMassモード「Center of mass」
      PartDesign_Point2重心指定での設定例
    3. ダイアログのOKボタンをクリックするとデータム点が作成されます。

    4. 作成されたデータム点は形状作成の基準位置として使用できます。

      例えばデータム面データム面の作成時にアタッチメント設定で「Translate origin」を選択して、作成したデータム点を3Dビュー上で選択するとデータム点を原点としてデータム面を配置できます。

      PartDesign_Point3データム点を原点としてデータム面を配置

      また加算プリミティブ(加算直方体加算円筒など)や減算プリミティブ(減算直方体減算円筒など)の作成時のアタッチメント設定でも基準点として使用することができます。

      PartDesign_Point4データム点上に配置された加算直方体
  • 注意点

    作成後にパラメーターを変更する場合はコンボビューのデータ・タブで直接編集するか、または作成したデータム点をモデルツリー上でダブルクリックして再度ダイアログで設定を行ないます。

    PartDesign_Point_datatabコンボビューのデータ・タブ
  • 参照

    PartDesign Point - FreeCAD documentation(英語)
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ