↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートワークベンチ

FreeCAD ソリッドへ変換

更新:2018/6/7
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作閉空間を作るシェルの集合をソリッドに変換します。
    アイコンなし
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part]-[Convert to solid]
    ワークベンチパート
  • 使用方法

    1. 穴が開いていない、閉空間を作る状態(多様体)のシェルの集合を用意します。通常はメッシュ・データを変換Part_Shape_from_Meshするか、手作業で面を張り合わせてシェルの集合を作成します。

      Part_Shape_from_Mesh-shape-modeltreeモデルツリー(メッシュから変換元となる形状を作成)
      Part_Shape_from_Mesh-shape変換元となる形状
    2. モデルツリー上で形状を選択しメニュー[Part]-[Convert to solid]を実行すると、形状がソリッド(中身が詰まった状態)へ変換されます。

      Part_ConvertToSolid-modeltree変換後のモデルツリー
      Part_ConvertToSolid-result変換の結果形状

      変換した形状はソリッドなので他のソリッドとの間でブーリアン演算を行うことができます。

      Part_ConvertToSolid-result変換結果と円筒でブーリアン演算(差演算Part_Cut)を実行
  • 注意点

    なし

  • 参照

    FreeCAD メッシュからソリッドを作成する

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートワークベンチ