↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートワークベンチ

FreeCAD メッシュからシェイプを作成

更新:2018/6/8
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作メッシュ・データをシェルの集合に変換します。
    アイコンPart_Shape_from_Mesh
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part]-[Create shape from mesh...]
    ワークベンチパート
  • 使用方法

    1. 3Dビューにドラッグ&ドロップするなどしてSTL形式、PLY形式などのメッシュ定義ファイルを読み込みます。

      Part_Shape_from_Mesh-mesh-modeltreeメッシュを読み込んだモデルツリー
      Part_Shape_from_Mesh-meshメッシュ形状
    2. モデルツリー上で読み込んだメッシュ・データを選択し、メニュー[Part]-[Create shape from mesh...]を選択します。縫い合わせのしきい値を入力するダイアログが表示されるので、形状の大きさに合わせて適当な値を入力してOKボタンをクリックします。

      Part_Shape_from_Mesh-SewingTolerance縫い合わせしきい値用のダイアログ
    3. 処理が終わるとメッシュがシェルの集合に変換されます。

      なお処理にはメッシュ・データの大きさに応じて長い時間がかかる場合があります(Inter(R) Core(TM) i7-2600 CPU @ 3.40GHz 3.40GHz で2000枚のメッシュからなるデータを変換した場合で約3分)。

      Part_Shape_from_Mesh-shape-modeltree変換後のモデルツリー(メッシュは非表示)
      Part_Shape_from_Mesh-shape変換の結果形状
  • 注意点

    変換されたデータは形状の表面だけを表現し、ソリッド(中身が詰まった状態)にはなっていません。ソリッドにする場合はさらにソリッドへの変換ツール、もしくは形状構築ツールPart_Shapebuilderを使用します。

  • 参照

    FreeCAD メッシュからソリッドを作成する

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートワークベンチ