↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートワークベンチ

FreeCAD 断面の輪郭線を作成

更新:2018/6/7
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作XY面、XZ面、YZ面に平行な面での形状断面の輪郭線を取り出します。
    アイコンPart_CrossSections
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part]-[Cross-sections...]
    ワークベンチパート
  • 使用方法

    1. 形状を選択して断面の輪郭線を作成Part_CrossSectionsを実行すると次のようなダイアログが表示され、3Dビュー上に交差面を表す四角形が描画されます。

      Part_CrossSections1
      Part_CrossSections2

      パラメーターは以下の通りです。

      • Guiding plane
        切断面と平行なガイド面
      • Position
        切断面のガイド面からの距離
      • Sections
        複数の切断面を設定するかどうか
      • Sections
        複数の切断面を設定するかどうか
      • On both sides
        「Position」に対して切断面を対称に配置
      • Count
        切断面の数
      • Distance
        切断面間の距離。この値は参照用のもので設定はできません。
    2. ダイアログで断面方向と位置を指定してOKをクリックすると形状と交差面から断面の輪郭線が作成されます。

      Part_CrossSections3
      Part_CrossSections4
      Part_CrossSections5
  • 注意点

    断面の輪郭線から面を作成する場合は形状構築ツールPart_Shapebuilderを使用します。
    Part_CrossSections4
    Part_CrossSections6
  • 参照

    なし

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートワークベンチ