↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ

FreeCAD 補助線への切り替え

更新:2018/6/5
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作選択辺を補助線に切り替えます。
    アイコンSketcher_AlterConstruction
    ショートカットキーC,M
    メニュー[Sketch]-[Sketcher geometries]-[Toggle construction geometry]
    ワークベンチスケッチャー
  • 使用方法

    • 既存のスケッチを補助線に変更する場合

      1. スケッチ形状の辺を選択してツールバー上の補助線への切り替えSketcher_AlterConstructionを選択します。すると辺が補助線に切り替えられ青色で表示されます。
        Sketcher_AlterConstruction1辺の選択
        Sketcher_AlterConstruction2補助線へ切り替え
      2. スケッチ形状を押し出してソリッド化する際に補助線は無視されます。
        Sketcher_AlterConstruction3押し出し結果
    • 補助線を直接描く場合

      スケッチ形状の辺を選択せずにツールバー上の補助線への切り替えSketcher_AlterConstructionを選択すると、スケッチ形状描画ツール(Sketcher_CreateLineSketcher_CreateCircleなど)が補助線モードになり青色のアイコンで表示されます。補助線モードで描いた形状は全て補助線になります。

  • 注意点

    • 補助線を選択して再度、補助線への切り替えSketcher_AlterConstructionを行うと通常線に戻せます。
    • 補助線モード時にスケッチ形状の辺を選択せずに再度、補助線への切り替えSketcher_AlterConstructionを行うと通常線モードに戻せます。
    • バージョン0.13から補助線を回転押し出しPartDesign_Revolutionの回転軸として使用できるようになりました。
      Sketcher_AlterConstruction4補助線の作成
      Sketcher_AlterConstruction5補助線を軸にして回転押し出し
  • 参照

    Sketcher_ConstructionMode
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ