↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ

FreeCAD カーボンコピー

更新:2018/6/14
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作編集中のスケッチ面に別のスケッチ面から形状をコピーします。
    アイコンSketcher_CarbonCopy
    ショートカットキーC, C
    メニュー[Sketch]-[Sketcher geometries]-[CarbonCopy]
    ワークベンチスケッチャー
  • 使用方法

    1. まずコピー元となる適当なスケッチを作成Sketcher_NewSketchします。

      Sketcher_CarbonCopy2コピー元となるスケッチ
    2. 次にコピー先となるスケッチ面を作成Sketcher_NewSketchします。コピー元とコピー先のスケッチ面は平行である必要があります。

      Sketcher_CarbonCopy4コピー先のスケッチ面を作成
    3. カーボンコピーSketcher_CarbonCopyを選択し、3Dビュー上で1つ目のスケッチをクリックすると2つ目のスケッチ面にカーボンコピーが作成されます。

      Sketcher_CarbonCopy5カーボンコピーの作成
    4. 右クリックでカーボンコピーの作成モードを終了します。

    5. 補助線への切り替えSketcher_CarbonCopyでカーボンコピーを補助線にした上で、それを基準線として新たにスケッチを作成するなどして利用します。またカーボンコピーをそのままスケッチの一部として使用することも可能です。

      Sketcher_CarbonCopy6カーボンコピーを補助線として利用
  • 注意点

    カーボンコピー内の寸法拘束の値はコピー元と結びついていてコピー元で値を変更するとコピー先もそれに応じて変更されます。コピー先のスケッチ面では値を変更できないので必要に応じて削除してから再設定するなどします。

  • 参照

    [new feature] sketcher carbon copy - FreeCAD Forum(英語)
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ