↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ

FreeCAD 外部形状から補助線を作成

更新:2018/6/5
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作スケッチに関連付けられた形状からスケッチ作成用の補助線を作成します。
    アイコンSketcher_External
    ショートカットキーX
    メニュー[Sketch]-[Sketcher geometries]-[External geometry]
    ワークベンチスケッチャー
  • 使用方法

    1. ソリッドの面を選択してスケッチ面を新規作成Sketcher_NewSketchするか、ソリッド面とスケッチの関連付けSketcher_MapSketchを使って選択面とスケッチ面を関連付けします(スケッチ面に関連付けられたソリッドをスケッチの「サポート」と呼びます)。
      Sketcher_External1面の選択
      Sketcher_External2スケッチ面
    2. ツールバーからソリッドから補助線を作成Sketcher_Externalを選択し、ソリッドの辺(または頂点)をクリックします。すると辺がスケッチ面上に抽出され赤紫色で表示されます。
      Sketcher_External3辺の選択
      Sketcher_External4辺の抽出
    3. 抽出された辺はスケッチ形状を描くときに補助線として使用することができます。これによってソリッドの辺から一定距離の位置に穴開けを行うなどの操作が可能になります。
      Sketcher_External5抽出された辺を補助線として使用
  • 注意点

    なし

  • 参照

    Sketcher_External
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ