↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ

FreeCAD スケッチの検証

更新:2018/6/5
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作必要な拘束の抜け、拘束の異常などが無いかを検査し、可能な場合には修復します。
    アイコンなし
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part Design]-[Validate sketch...]、[Sketch]-[Validate sketch...]
    ワークベンチパートデザインスケッチャー
  • 使用方法

    1. モデルツリーでスケッチ面を選択し、メニュー[Part Design]-[Validate sketch...]を実行します(スケッチャーワークベンチの場合は[Sketch]-[Validate sketch...])。

    2. スケッチ検証ダイアログが表示されるので、検証・修復を実行します。

      Sketcher_ValidateSektch-rasktabスケッチ検証ダイアログ

      スケッチの検証の機能は次の通りです。

      • Missing coincidences

        同一座標にある端点が一致拘束Constraint_PointOnPointによって接続されているかを調べます。接続されていない場合には接続して修復できます。パラメーター「Tolerance」で同一座標と見なす距離を調整できます。また「Highlight open vertexes」ボタンでエッジ端点をハイライト表示できます。

      • Invalid constraints

        互いに矛盾するような無効な拘束があるかを調べ、可能な場合には修復します。また「Delete constraints to external geom」ボタンで、外部形状に対する拘束(外部形状から補助線を作成を参照)を削除できます。

      • Reversed external geometry

        外部形状に関連付けられたスケッチ面で発生することのある、方向が異常な円弧がないかを調べます。存在する場合には「Swap endpoints in constraints」ボタンで拘束の端点を入れ替えて修復を試みます。

      • Constraint orientation locking

        方向ロッキングの有効・無効を切り替えます。

  • 注意点

    なし

  • 参照

    Sketch: how to handle reversed external arcs? - FreeCAD Forum
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD スケッチャーワークベンチ