↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ

FreeCAD 選択点が作業平面上になるよう設定

更新:2018/6/9
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作作業平面外の座標を選択した場合に、選択点が作業平面上に乗る様に一時的に作業平面を移動させます。
    アイコンSnap_WorkingPlane
    ショートカットキーなし
    メニュー[Draft]-[Snapping]-[Working plane]
    ワークベンチドラフトワークベンチ、建築
  • 使用方法

    ツールバー上の、スナップ点が作業平面上になるよう設定Snap_WorkingPlaneをクリックして有効化すると、以降の座標選択の操作時に選択点に合わせて作業平面の位置が一時的に変化します。

    Snap_WorkingPlane-before現在の作業平面外の面上の座標を選択
    Snap_WorkingPlane-after一時的に作業平面が移動(直線作成時)

    一時的に移動した作業平面上での操作(例えば円や直線の作成)が終わると、以降の操作では以前の作業平面が有効になります。

  • 注意点

    なし

  • 参照

    なし

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD ドラフトワークベンチ