↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD テックドローワークベンチ

FreeCAD 建築断面オブジェクトの追加

更新:2018/8/27
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作建築ワークベンチで作成した建築断面オブジェクトを図面に追加します。
    アイコンtechdraw-draft-view
    ショートカットキーなし
    メニュー[TechDraw]-[Insert an ArchView]
    ワークベンチテックドロー
  • 使用方法

    1. あらかじめ建築ワークベンチWorkbench_Archで建築断面オブジェクトを作成Arch_SectionPlaneしておきます。

      TechDraw-arch-view1建築断面オブジェクト
    2. テックドローワークベンチWorkbench_TechDrawに移動し、図面ページを作成techdraw-new-defaultします。

    3. モデルツリー上で建築断面オブジェクトを選択して、建築断面オブジェクトの追加techdraw-arch-viewを実行すると図面に建築ビューが追加されます。図面上に何も表示されないことがありますが、拡大縮小率を調整すれば表示されます

      TechDraw-arch-view_modeltreeモデルツリー上の建築ビュー
    4. モデルツリー上で追加された建築ビューを選択し、データ・タブの「Scale Type」プロパティーが「Custom」になっていることを確認してから「Scale」プロパティーで拡大縮小率を調整します。

      techdraw-draft-view_datatab建築ビューのデータ・タブ
      TechDraw-arch-view2建築図面上に表示された建築ビュー
  • 注意点

    建築ビューが図面上で表示されない場合は極端に大きく表示されていることがあります。拡大縮小率を 0.001~ 0.0001 程度に変更して、建築ビューが表示されるかを確認してください。

  • 参照

    TechDraw NewArch - FreeCAD Documentation(英語)
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD テックドローワークベンチ