↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD テックドローワークベンチ

FreeCAD ドラフトビューオブジェクトの追加

更新:2018/8/27
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作ドラフトワークベンチで作成した2次元オブジェクトを図面に追加します。
    アイコンtechdraw-draft-view
    ショートカットキーなし
    メニュー[TechDraw]-[Insert a DraftView]
    ワークベンチテックドロー
  • 使用方法

    1. あらかじめドラフトワークベンチWorkbench_Draftで2次元オブジェクトを作成しておきます。

      TechDraw-draft-view1ドラフトビューオブジェクト
    2. テックドローワークベンチWorkbench_TechDrawに移動し、図面ページを作成techdraw-new-defaultします。

    3. モデルツリー上で2次元オブジェクトを選択して、ドラフトビューオブジェクトの追加techdraw-draft-viewを実行すると図面にドラフトビューが追加されます。

      techdraw-draft-view2追加されたドラフトビュー
    4. モデルツリー上で追加されたドラフトビューを選択し、データ・タブの「Scale」プロパティーで拡大縮小率を調整します。

      techdraw-draft-view_datatabドラフトビューのデータ・タブ
      techdraw-draft-view2拡大縮小率の調整
  • 注意点

    なし

  • 参照

    TechDraw NewDraft - FreeCAD Documentation(英語)
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD テックドローワークベンチ