↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD テックドローワークベンチ

FreeCAD ビューの追加

更新:2018/8/27
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作選択した3次元形状の2次元投影図を図面に追加します。
    アイコンtechdraw-view
    ショートカットキーなし
    メニュー[TechDraw]-[Insert view in drawing]
    ワークベンチテックドロー
  • 使用方法

    1. 図面ページを作成techdraw-viewした後、モデルツリー上で2次元図面化したい3次元形状を選択してビューの追加techdraw-viewを実行すると図面ページにビューが追加されます。ただし図面ページが複数ある場合は追加先の図面ページも選択する必要があります。Ctrlキーを押しながらクリックするとモデルツリー上で3次元形状と図面ページの両方を選択できます。

      TechDraw-view1追加されたビュー
    2. ビューは図面ページの中央に、3次元空間のXY平面に投影された状態で拡大縮小率 1 で追加されます。位置、視点、拡大縮小率を変更する場合はモデルツリー上で追加したビューを選択して以下のプロパティーを変更します。なお位置に関しては図面上でビューの周りに表示されている枠をドラッグすることでも変更可能です。

      プロパティー意味
      X図面上のX座標
      Y図面上のY座標
      Rotation視点上向き方向の回転角
      Scale拡大縮小率
      Direction視点方向ベクトル
      TechDraw-view_modeltreeモデルツリー上のビュー
      TechDraw-view2位置、視点、拡大縮小率を変更したビュー
  • 注意点

    複雑な3次元形状からビューを作成して描画が遅くなる場合は「CoarseView」プロパティーを有効にすると描画精度を抑えることで高速に描画できます。ただし「CoarseView」有効時には図面上での位置がわずかに変更される場合があります。

  • 参照

    TechDraw NewView- FreeCAD Documentation(英語)
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD テックドローワークベンチ