↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ

FreeCAD チュートリアル タブレット用スタンド(3/3)

更新:2019/2/23
FreeCAD 0.17

スケッチ各部の寸法設定(2)

  1. スタンドの高さを設定

    スケッチX軸とスケッチ上側の円弧の中心点を選択し、垂直距離拘束「垂直距離拘束」アイコンで距離を 140mm に拘束します。

    高さ
    高さを設定
  2. スタンドの奥行きを設定

    スケッチY軸とスケッチ右側の円弧の中心点を選択し、水平距離拘束「水平距離拘束」アイコンで距離を 100mm に拘束します。

    奥行き
    奥行きを設定
  3. 傾斜を設定

    スタンドの傾きを設定します。スケッチX軸の0より小さい位置とスケッチ左側の辺を選択し、角度拘束「角度拘束」アイコンで角度を 110° に拘束します。

    傾斜
    傾斜を設定
  4. 上部の丸め半径を設定

    最後にスケッチ上側の円弧(内側)の半径を半径拘束「半径拘束」アイコンで 5mm に拘束します。

    概形
    上部の丸め半径を設定

    以上でスケッチが完全拘束され緑色で表示されるので、タスクタブのCloseをクリックしてスケッチ編集を終了します。

    スケッチ編集のタスクタブ
    スケッチ編集のタスクタブ
    完成スケッチ
    完成したスケッチ

スケッチの押し出し

モデルツリー上で作成したスケッチを選択し、押し出しConstraint_InternalAngleを実行します。押し出し長さ 90mm としてOKをクリックしてスケッチを押し出します。

押し出しダイアログ
押し出しダイアログ

完成

これで全ての作業が終わり、形状が完成しました。

タブレット用スタンド
完成形状
3Dプリント結果
3Dプリント結果
1 2 3
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ