↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ

FreeCAD チュートリアル インペラ(3/3)

更新:2018/4/15
FreeCAD 0.17

土台形状の作成

  1. スケッチ面の作成

    ワークベンチをスケッチャーワークベンチWorkbench_PartDesignへ切り替え、新しいスケッチ面を作成「新しいスケッチ面の作成」アイコンします。

    スケッチ面の方向をXZ面方向に設定し、スケッチ平面の作成ダイアログのOKをクリックします。

    スケッチ平面の作成ダイアログ
    スケッチ平面の作成ダイアログ
  2. スケッチの作成

    スケッチを作成しやすいようにモデルツリーで「Array」を選択し、スペースキーを押して非表示にした後、連続線の作成「連続線の作成」アイコンで下図のようにおおまかなスケッチを描きます。

    おおまかなスケッチ
    おおまかなスケッチ

    スケッチの左下の点を選択して座標拘束「座標拘束」アイコンを実行し、座標(10mm, -10mm)に拘束します。

    座標の拘束
    座標の拘束

    水平距離拘束「水平距離拘束」アイコン、垂直距離拘束「垂直距離拘束」アイコンを使用して下図に示すように辺の寸法を拘束します。拘束が終わるとスケッチが完全拘束状態になり、緑色で表示されます。

    辺の寸法の拘束
    辺の寸法の拘束

    角の丸め「角の丸め」アイコンを実行してスケッチ右上側の2辺をクリックすることで、丸め処理を行います。

    辺の丸め
    辺の丸め

    作成した丸めの弧を選択して半径拘束「半径拘束」アイコンを実行し、丸め半径を 35mm に設定します。これでスケッチが再度、完全拘束状態になります。

    丸め半径の拘束
    丸め半径の拘束

    スケッチが完全拘束状態になったらタスクタブのCloseを押してスケッチの編集を終了します。

  3. 回転押し出し

    ワークベンチをパートワークベンチWorkbench_Partへ切り替え、モデルツリー上で作成したスケッチを選択してから、回転押し出し「回転押し出し」アイコンを実行します。

    回転中心が (0mm, 0mm, 0mm)、回転軸が (0, 0, 1)、回転角度が360°、Create Solidが有効になっていることを確認してOKをクリックします。

    回転押し出しダイアログ
    回転押し出しダイアログ
    回転押し出しの結果
    回転押し出しの結果

羽根と土台形状の結合

  1. 羽根の表示

    モデルツリー上でツリーアイテム「Array」を選択してスペースキーを押し羽根を表示状態にします。

    羽根形状と土台形状
    羽根形状と土台形状
  2. 結合

    モデルツリー上で「Array」と「Revolution」を選択してから和演算(ブーリアン演算)「和演算(ブーリアン演算)」アイコンを実行します。

完成

以上で羽根と土台形状が結合され、インペラ(羽根車)が完成します。

完成した形状
完成した形状
1 2 3
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ