↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ

FreeCAD チュートリアル 分岐のあるパイプ(2/3)

更新:2018/4/13
FreeCAD 0.17

主流管の断面スケッチの作成

  1. スケッチ面の作成

    モデルツリー上でドキュメントを選択して新しいスケッチ平面「新しいスケッチ平面」の作成を作成します。

    スケッチ面方向としてYZ方向を選択しOKをクリックします。

    スケッチ平面の作成ダイアログ
    スケッチ平面の作成ダイアログ
    作成されるスケッチ面
    作成されるスケッチ面
  2. おおまかな管断面スケッチの作成

    円の作成「円の作成」アイコンを使用して主流管の断面のスケッチを作成します。

    円の作成
    円の作成
  3. スケッチの拘束

    一致拘束「一致拘束」アイコンを使用して円の中心とスケッチ面の原点を一致させます。

    また半径拘束「半径拘束」アイコンを使用して、円の半径を 6mm に拘束します。

    スケッチの拘束
    スケッチの拘束

    スケッチが完全拘束されて緑色で表示されたらタスクタブのCloseをクリックしてスケッチの編集を終了します。

分岐管の断面スケッチの作成

  1. スケッチ面の作成

    モデルツリー上でドキュメントを選択して新しいスケッチ平面「新しいスケッチ平面」の作成を作成します。

    スケッチ面方向としてXZ方向を選択し、オフセット量として 40.0mm を入力してからOKをクリックします。

    スケッチ平面の作成ダイアログ
    スケッチ平面の作成ダイアログ
    作成されるスケッチ面
    作成されるスケッチ面
  2. おおまかな管断面スケッチの作成

    主流間の場合と同様に円の作成Sketcher_Circleを使用して分岐管の断面のスケッチを作成します。

  3. スケッチの拘束

    座標拘束Sketcher_Circleを使用して円の中心を (40, 0) mm に拘束します。

    また半径拘束Constraint_Radiusを使用して、円の半径を 4mm に拘束します。

    スケッチの拘束
    スケッチの拘束

    スケッチが完全拘束されて緑色で表示されたらタスクタブのCloseをクリックしてスケッチの編集を終了します。

これで必要なスケッチが全てできあがりました。つぎにこのスケッチから3次元形状を作成していきます。

作成したスケッチ
作成したスケッチ
1 2 3
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ