Cailletaud 単結晶クリープモデル
次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:Elastic anisotropy with isotropic 上へ:Materials 前へ:The Cailletaud single crystal 目次へ

Cailletaud 単結晶クリープモデル

クリープ、つまり降伏曲面がゼロになる場合に限定したCailletaud 単結晶モデルです。

材料定義は、材料名を定義する *MATERIAL から構成されます。この名前は必ず「SINGLE_CRYSTAL_CREEP」から始まり、80文字以内でなければなりません。残りの60文字に関しては自由に設定することができます。材料定義内では *USER MATERIAL カードは以下を満たす必要があります。

1行目:

以降の行:


完全な温度依存性を定義する必要がある場合はこの行を繰り返してください。

結晶の第1軸はグローバル座標系と一致するとみなされます。もしそうでない場合には *ORIENTATION カードを使用してローカル座標系を定義してください。

このモデルでは24の内部状態変数があります。

これらの変数は *EL PRINT キーワード(.datファイル)と *EL FILE キーワード(.frdファイル)で順番に従ってアクセスすることができます(SDVラベル)。また*DEPVAR カードを材料定義内で値24とともに設定する必要があります。

例:
*MATERIAL,NAME=SINGLE_CRYSTAL
*USER MATERIAL,CONSTANTS=21
135468.,68655.,201207.,1550.,3.89,980.,3.89,400.
*DEPVAR
24

温度400に対して弾性定数 {135468., 68655., 201207.}、8面体パラメーター {1550., 3.89}、立方体パラメーター {980., 3.89} の単結晶を定義。


次へ 上へ 前へ 目次へ
次へ:Elastic anisotropy with isotropic 上へ:Materials 前へ:The Cailletaud single crystal 目次へ
guido dhondt 2016-03-08