↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ

FreeCAD ボディーを作成

更新:2018/7/15
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作形状の入れ物となるボディーコンテナーを作成します。パートデザインワークベンチでは3次元形状は必ずボディー内にある必要があります。
    アイコンPartDesign_Body_Create_New
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part Design]-[Create body]
    ワークベンチパートデザイン
  • 使用方法

    1. ボディーの作成PartDesign_Body_Create_Newを実行するとモデルツリーにボディーが追加され、そのボディーがアクテイブ化されます。

      PartDesign_Body_Create_New_modeltreeモデルツリーに追加されたボディー
    2. ボディー内部でスケッチ作成Sketcher_NewSketch押し出しPartDesign_Pad、あるいは加算オブジェクトの追加(PartDesign_Additive_BoxPartDesign_Additive_Cylinderなど)を行って3次元形状を作成していきます。

    3. ボディーは個別に回転軸、回転角度、位置の情報を持っていて、コンボビューのデータ・タブでそれらの値を変更できます。通常はこの機能を使用してボディー間のアセンブリーを行います。

      またボディーごとに表示・非表示を切り替えることも可能です。コンボビューのビュー・タブにある表示設定か、またはモデルツリー上でボディーを選択してスペースキーを押すことで切り替えられます。

      PartDesign_Body_Create_New_datatabボディーの配置用プロパティー
      PartDesign_Body_Create_New_datatabボディーの表示切り替え用プロパティー
  • 注意点

    • ボディー単位で作成したオブジェクトをパートデザインワークベンチ以外で編集することは公式には非推奨とされています(FreeCAD documentation - PartDesign Body の「Interaction with other workbenches」を参照)。

    • ボディーの上位コンテナーとしてパーツコンテナーGeofeaturegroupが存在します。パーツは複数のボディーを格納でき、パーツ間でアセンブリーを行うことができます。

  • 参照

    PartDesign Body - FreeCAD documentation(英語)
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ