↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ

FreeCAD 溝掘り

更新:2014/7/26
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作スケッチに関連付けられた形状からスケッチを回転押し出しした形状を取り除きます。関連付けられた形状がないスケッチでは使用できません。
    アイコンPartDesign_Groove
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part Design]-[Groove]
    ワークベンチパートデザイン
  • 使用方法

    1. ソリッド上にスケッチ面を作成しSketcher_NewSketchて適当なスケッチを描いたあと、コンボビューのタスク・タブにあるCloseを押してスケッチ編集モードを終了します。この時、補助線で直線を描いておくと後で回転軸として使うことができます。

      PartDesign_Groove1
    2. モデルツリーで作成したスケッチを選択して溝掘りPartDesign_Grooveを実行します。
    3. タスク・タブで溝掘りパラメーターを設定します。

      PartDesign_GrooveDialog

      パラメーターは以下の通りです。

      • Axis
        回転軸
      • Angle
        回転角度
      • Symmetric to plane
        スケッチ面に対して対称に溝掘り
      • Reversed
        溝掘り方向の反転
    4. タスク・タブでOKを押すと鏡像コピー処理が実行されます。

      PartDesign_Groove3スケッチ平面の水平軸周りに溝掘り
      PartDesign_Groove2スケッチ平面の垂直軸周りに溝掘り
      PartDesign_Groove4適当な補助線周りに溝掘り
  • 注意点

    • 溝掘り処理を取り消したい場合はモデルツリーで溝掘りした部品を選択してDeleteキーを押します。

  • 参照

    PartDesign_Groove/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ