↑ページトップへ

FreeCAD チュートリアル テックドローワークベンチ初歩(2/3)

更新:2019/9/27
FreeCAD 0.18

寸法の追加

直線距離寸法

Ctrlキーを押しながらページ上で水平方向の2点(または1直線)を選択して水平距離寸法「水平距離寸法」アイコンを実行すると、水平方向の寸法が追加されます。寸法の数字をマウスでドラッグすると寸法の表示位置を調整できます(追加した寸法を削除したい場合はマウス選択してDeleteキーを押します)

水平方向の2点を選択
水平方向の2点を選択
水平距離寸法の追加
水平距離寸法の追加

同様にCtrlキーを押しながらページ上で垂直方向の2点(または1直線)を選択して垂直距離寸法「垂直距離寸法」アイコンを実行すると、垂直方向の寸法が追加されます。

垂直距離寸法の追加
垂直距離寸法の追加

円弧の径寸法

円弧の半径を追加する場合はページ上で円弧を選択し、半径寸法「半径寸法」アイコンを実行します。

円弧を選択
円弧を選択
半径寸法の追加
半径寸法の追加

同様にページ上で円弧を選択し、直径寸法「直径寸法」アイコンを実行すると、直径寸法が追加されます。

直径寸法の追加
直径寸法の追加

角度

ページ上で角をなす2直線を選択し、角度寸法「角度寸法」アイコンを実行すると、角度寸法が追加されます。

角をなす2直線を選択
角をなす2直線を選択
角度寸法の追加
角度寸法の追加

必要な全ての寸法を入れると以下のようになります。

全ての寸法を追加
全ての寸法を追加

寸法表示の調整

寸法への記号、任意文字列の追加

寸法をページ上で選択し、コンボビューのデータ・タブで「Format Spec」を変更すると書式を調整できます。デフォルトでは「%.2f」ですが例えば「%.2f mm」などのように任意の文字列を追加できます。F5キーを押すとページ全体が更新され変更が反映されます。

また「Arbitrary(任意)」を「true」に設定すると、「Format Spec」の入力文字列を(実際の寸法と関係なく)そのまま図面上に表示することができます。

書式の調整
書式の調整
書式調整後の表示
書式調整後の表示

寸法交差

寸法をページ上で選択し、コンボビューのデータ・タブで「Over tolerance」「Under tolerance」を変更すると上限・下限の交差を寸法表示に追加できます。F5キーを押すとページ全体が更新され変更が反映されます。

交差の設定
交差の設定
交差設定後の表示
交差設定後の表示

フォント

寸法をページ上で選択し、コンボビューの表示タブで「Font」「Fontsize」を変更するとフォントの種類、大きさを変更できます。F5キーを押すとページ全体が更新され変更が反映されます。

フォントの設定
フォントの設定
フォント設定後の表示
フォント設定後の表示

上記の「寸法への記号、任意文字列の追加」の機能を使って下記に示すページの3ヶ所の書式を調整します(d8、F7は、はめあい公差を表しています)。

寸法書式の調整
寸法書式の調整

最後に説明文を編集して、図面をPDFファイルとして出力します。

1 2 3