↑ページトップへ

FreeCAD チュートリアル テックドローワークベンチ初歩(3/3)

更新:2019/9/27
FreeCAD 0.18

図面の説明文の編集

テンプレートにはあらかじめテキスト編集可能な場所が設定されています。編集可能な場所の先頭は緑色でハイライトされています。

テキスト編集可能な場所
テキスト編集可能な場所

ページ上の緑色でハイライトされた場所をクリックするとテキスト入力ダイアログが表示されるので、図面の説明を入力します。日本語も使用できます。

テキスト入力ダイアログ
テキスト入力ダイアログ

図面の説明文を全て入力すると以下のようになります。

図面説明文の記載
図面説明文の記載

以上で、必要な情報の入力は終わりました。編集用フレームを非表示に切り替え「編集用フレームの表示・非表示を切り替え」アイコンて表示を確認し、必要であれば各ビューや寸法の位置をマウスでドラッグして調整します。ビューの場合にはコンボビューのデータ・タブにある「X」「Y」で座標を直接指定して位置を調整することもできます。

データ・タブでの座標変更
データ・タブでの座標変更
編集用フレームを非表示
編集用フレームを非表示

図面のエクスポート

図面ページが画面に表示された状態でメニューの「File」-「Export PDF...」を実行します。表示されたダイアログで適当な保存フォルダを選択し、ファイル名を「Packing-gland」として保存を押してPDFにエクスポートします。
メニューの「File」-「Export PDF...」
メニュー「File」-「Export PDF...」
PDFエクスポート用ダイアログ
PDFエクスポート用ダイアログ

保存したPDFファイルは任意のPDFビューワーで表示することができます。

エクスポートしたPDFファイルをAdobe Acrobat Reader DCで表示
Adobe Acrobat Reader DCで表示

形状変更と2次元図面の更新

形状で寸法の変更があった場合は元の3次元形状で寸法を変更すれば、その変更が2次元図面に自動で反映されます。

例えばモデルツリー上のスケッチ「Sketch003」を再編集して、形状の左右の穴の半径を「6.5mm」から「3mm」に変更します。

「Sketch003」を再編集
「Sketch003」を再編集
左右の穴の半径を「3mm」に変更
左右の穴の半径を「3mm」に変更

すると形状変更が3次元形状と2次元図面の両方に反映されます。

変更後の形状
変更後の形状
変更後の上面図
変更後の上面図

参照

1 2 3