↑ページトップへ

トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ

FreeCAD 円状にコピー

更新:2018/6/6
FreeCAD 0.17
  • 概要

    動作スケッチに関連付けられた形状上でスケッチ形状の円状コピーを行います。
    アイコンPartDesign_PolarPattern
    ショートカットキーなし
    メニュー[Part Design]-[PolarPattern]
    ワークベンチパートデザイン
  • 使用方法

    1. ソリッド上にスケッチ面を作成しSketcher_NewSketch、適当なスケッチを描いたあとで押し出しPartDesign_Padてソリッドを作成します。

      PartDesign_PolarPattern1
    2. モデルツリーで作成したソリッドを選択して円状コピーPartDesign_PolarPatternを実行します。

    3. タスク・タブで円状コピーパラメーターを設定します。

      PartDesign_PolarPatternDialog

      パラメーターは以下の通りです。

      • Add feature/Remove feature
        [Add feature]をクリックしてから3Dビューで形状を選択するとその形状がリストに追加されます。同様に[Remove feature]をクリックしてから3Dビューで形状を選択するとその形状がリストから取り除かれます。
      • Axis
        円の中心軸
      • Reverse direction
        コピー方向の反転
      • Angle
        コピー全体が占める円の範囲(角度)
      • Occurrences
        作成するコピーの数
    4. タスク・タブでOKを押すと円状コピー処理が実行されます。

      PartDesign_PolarPattern2
  • 注意点

    • コピーがサポート形状の外にはみ出すなどしてコピー処理が実行できない場合にはタスク・タブにエラーメッセージが表示されます。

      PartDesign_PolarPatternDialog2
    • スケッチに関連付けられたソリッドを「サポート」「サポート形状」と呼びます。

    • コピー処理を取り消したい場合はモデルツリーでコピーした部品を選択してDeleteキーを押します。

    • サポート形状の存在しないソリッドを円状にコピーしたい場合はドラフトワークベンチの整列コピーDraft_Arrayを使用します。

  • 参照

    PartDesign_PolarPattern/jp
トップ - 技術ドキュメント - FreeCAD 使い方メモ - FreeCAD パートデザインワークベンチ